©︎Quantum Software Research Hub

SEMINAR

量子ソフトウェア勉強会

2022年度量子ソフトウェア勉強会の
受講者を募集しています。

量子ソフトウェア勉強会は、量子ソフトウェアに関する知見を深めたい方々を対象に、2022年6月から2023年3月にかけて、講義・ハンズオンとグループワーク形式で開催します。

勉強会前半では講義・ハンズオンを行い、量子計算・量子アルゴリズムの初歩から始め、量子機械学習や量子化学計算及び金融実務計算といった応用テーマについて取り扱います。また、業界動向や知財分析に関する報告も行います。勉強会後半では最新の論文に記載されたアルゴリズムの実装や実機での検証、ソフトウェア開発といった各テーマに分かれてグループワークを実施します。

受講者が勉強会カリキュラムを修了したころには、量子ソフトウェア分野の知識だけでなく、研究に着手したり各社の量子ソフトウェアビジネスを分析することができるような内容を準備しています。
量子ソフトウェア分野の研究開発に注力されている皆様は勿論のこと、研究開発をご検討されている方や量子技術分野のビジネス動向にご関心のある方はぜひご参加ください。

taisyou

受講対象者

量子技術、特に量子ソフトウェアにご関心をお持ちの方

(研究者だけでなく事業戦略、新規事業開発、産学連携、事業投資等をご担当されている方々も対象です。)
※期間の途中からの参加も可能(その場合、不参加の講義は動画などオンラインで補講)

※個人ではなく企業からの申し込みが必須

※学生の方は無料でご案内します(今年度の選考は終了しました)。

syusai

主催

大阪大学、豊田通商株式会社、株式会社QunaSys

kyousai

共催

文部科学省委託事業光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)量子情報処理(量子AI)

「知的量子設計による量子ソフトウェア研究開発と応用」

footer-logo
kyouryoku

協力

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社

2022年度勉強会前半講義内容(予定)

#日程タイトル担当講師
1 6/10(金)量子コンピュータの現状と展望(学術/業界/情報基盤)
藤井啓祐・野口裕信、宇都宮聖子・針原佳貴(アマゾン ウェブ サービス ジャパン)
2 6/24(金)量子計算の基礎藤井啓祐
3 7/1(金)量子アルゴリズムの基礎御手洗光祐
47/15(金)量子機械学習の基礎御手洗光祐
5 7/22(金)量子コンピュータとビジネス市川翼・町田尚子・藤田維明・小林優輔
67/29(金)量子コンピュータの物理的実現方式小川和久・山下眞
7 8/5(金)量子エラー補償の基礎箱嶋 秀昭
8 8/19(金)クラウドで量子計算が行われる仕組み/
量子回路最適化
桝本尚之、米澤康好(Cambridge Quantum)
98/26(金)Amazon Braket を用いた実機・シミュレータでの開発宇都宮聖子・針原佳貴(アマゾン ウェブ サービス ジャパン)
109/9(金)量子コンピュータと量子化学計算の基礎水上渉・吉田悠一郎
119/16(金)量子アルゴリズム各論/質問大会
藤井啓祐
129/30(金)量子コンピュータと金融実務計算宮本幸一
13 10/7(金)量子インスパイア―ド古典アルゴリズム高比良宗一

2022年度の勉強会では講義数を昨年度10から13に拡大し、更にハンズオンの内容を刷新します。
昨年度講義の様子はこちらからご確認いただけます。

2021年度勉強会後半グループワークテーマ(過去実績)

テーマ担当講師
量子機械学習①:量子データセットを作る久保健治
量子機会学習②:量子コンピュータによる生成モデル御手洗光祐
量子機械学習③:特徴量マップを工夫する白井徳仁
実機のノイズ解析・noise mitigation小川和久・箱嶋秀昭
汎用的なクラウド計算ライブラリの開発桝本尚之
Amazon Braketを使った応用宇都宮聖子・針原佳貴(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社)
2022年度勉強会でも最新の研究テーマを取り扱ったグループワークを開催します。

受講申し込み方法

コンソーシアム会員になるためには量子ソフトウェアコンソーシアム参加規約の内容にご同意いただくことが必要です。また量子ソフトウェア勉強会を受講するには量子ソフトウェア勉強会参加規約の内容にご同意いただくことが必要です。上記2規約についてご同意いただいたうえで参加申込書(記入例)をご記入いただき、PDF形式に変換のうえcoi-next[アットmark]qiqb.osaka-u.ac.jp宛にメール送付いただく形で申込みを受け付けます。ご不明点やお問い合わせはこちらからお願いします。※[アットmark]は@にご変更ください。

注意事項

  • ・量子ソフトウェア勉強会を受講される方にはお申込み受理後、eAPRINを受講していただきます。
  • ・勉強会中の参加者間コミュニケーション用ツールとしてMicrosoft Teamsを利用しています。お申込み受理後、チームに招待しますので、外部組織との接続が可能なアカウントをご準備ください。
  • ・勉強会はzoomで開催しています。zoomの利用可否についてあらかじめご確認をお願いいたします。
  • ・勉強会会費のお支払いは銀行振込のみ受け付けております。
  • ・参画組織であることを公表させていただきたいと考えております。ロゴの提供にご協力ください。
  • ・まずは量子ソフトウェア勉強会で量子ソフトウェアに関する知識を得たいという方はエントリー会員としてお申し込み下さい。既に知識があり、共同研究をご希望の場合は、HPのCONSORTIUMより準会員、本会員、特別会員の内容をご確認のうえお申し込み下さい。